頭痛薬に良く効くカフェルゴット

鎮痛剤・痛み止め・片頭痛・偏頭痛 NAVI

頭痛薬に良く効くカフェルゴット

「頭痛薬に良く効く成分の薬」・・・片頭痛によく効くお薬として知られるエルゴタミン。
この「良く効く」お薬とはいったいどういったものなのでしょうか。
それにはまず、片頭痛の起きるシステムを知っておかなければなりません。

片頭痛は、脳の中やまわりの血管が収縮の後、異常に拡張して起こる頭痛です。
この薬は血管に直接作用して、異常に拡張した脳の血管を収縮してその症状を緩和し、頭痛をとる作用のある酒石酸エルゴタミンと、脳圧を下げる作用のある無水カフェインを配合したものです。
片頭痛の前兆が見られたときに有効だと言われていますが、痛みがひどくなってからだとあまり効果は期待できません。
かつて片頭痛の特効薬と言われた薬剤がありました。
副作用が原因で製造中止になってしまい、従来の「片頭痛の特効薬」とされていたエルゴタミン製剤が改めて見直され脚光を浴びるようになってきました。
頭痛持ちの方は、おクスリを手放せない方も多いでしょう。

エルゴタミンを主成分としたカフェルゴットという鎮痛剤があります。
カフェルゴットは服用のタイミングによって、その効果にばらつきがあるものの、服用しているうちにだんだんと自分なりに「いつ服用すればもっとも自分の体にはいいのか」がわかってきます。
そして、その自分なりの「飲むタイミング」がわかってしまえばその効果はかなり期待できます。
ただ、あまりにも頻繁に偏頭痛の発作が多く起こる人の中には、恒常的に普段から痛くない段階で飲んでしまう方もいらっしゃいますが、もともと、鎮痛剤に限らず、薬というものは体にとってはあくまで「異物」ですので、慎重に服用することを心がけることが大事です。

カフェルゴットには意外な落とし穴があります。
それは「依存性」です。
良く効く薬ですので、それだけに「痛くなくても飲むと安心する」、といった精神依存に陥る方も多いと聞いたことがあります。
しかし、薬の場合、体質にもよりますが、特に鎮痛薬は作用が強力ですのでそれを考えると服用には慎重な配慮が必要になってきます。

鎮痛剤・痛み止め・片頭痛・偏頭痛 NAVI新着情報