イミグランは偏頭痛によく効く薬です

鎮痛剤・痛み止め・片頭痛・偏頭痛 NAVI

イミグランは偏頭痛によく効く薬です

「イミグランは偏頭痛によく効く薬です」・・・
よく、「わたしは偏頭痛持ちで・・・」とおっしゃる方がいらっしゃいます。
この頭痛は、頭がずきずき、がんがんと痛み我慢ができない頭痛で、吐き気を伴いとてもつらい頭痛です。
さて、この「偏頭痛」、一体何が原因で起こるのでしょうか。

「偏頭痛」とは、頭の血管が拡張するために、血管のまわりの神経が刺激されて起こると言われている頭痛です。
極度の緊張や、疲労、空腹、睡眠不足などの、体調によっても起こると言われていますし、アルコールの摂取によっても、起こると言われています。
このツライ偏頭痛の薬がイミグランなのです。

この薬剤は別名スマトリプタンとも呼ばれます。
これまで一般的だったエルゴタミンに代わり、広く処方されるようになった薬で、国内初のトリプタン系片頭痛治療薬です。
エルゴタミンの場合、痛みが始まってから飲んでも効き目は薄いとされていますが、この薬剤は、痛みが起きてから飲んでも、よい効果が期待できるのという利点があり、服用している方も多いそうです。
錠剤のほか、効き目が早い点鼻薬、速効性で効能が確実な注射薬と種類も豊富ですが、副作用の強い薬で、人によって合う、合わないがはっきりしている薬でもあります。
イミグランは、偏頭痛の症状が現れた初期段階で服用するのが理想とされていますが、症状が現れた後で服用しても効果を発揮します。
しかし、偏頭痛症状予防としての効用はありませんので、必ず偏頭痛の症状が現れた際に服用して下さい。
まれに、予防薬として恒常的に服用される方もいらっしゃいますが、あくまで痛みが始まってから飲むのが基本です。

この薬剤は、苦味が強いので噛みくだいたりせず水などで服用するように心がけることが大切です。
偏頭痛は偏頭痛持ちの方に言わせるととてもツライ症状だといいます。
偏頭痛に悩まされている方は多く、この薬剤は痛みが始まってから服用しても比較的効果があるので、次世代の偏頭痛薬として期待されています。

鎮痛剤・痛み止め・片頭痛・偏頭痛 NAVI新着情報