アスピリンは鎮痛薬の一種です

鎮痛剤・痛み止め・片頭痛・偏頭痛 NAVI

アスピリンは鎮痛薬の一種です

アスピリンは鎮痛剤の一種です。
この薬剤は現在世界中で愛用されています。
もはや鎮痛薬の代名詞となっています。

アスピリンの源流は紀元前に溯ることができます。
紀元前400年ごろ、ヤナギの樹皮には痛みを軽減する効果があることが民間療法として知られていました。
ヤナギの樹皮を熱や痛みを軽減するために用い、葉を分娩時の痛みを和らげるために使用していたという記録が残されています。
ヤナギの鎮痛作用はギリシャ時代から知られていたのです。
古代ローマのある古文書には、ヤナギには腹痛、痛風、リウマチなどに対する鎮痛作用のほかに、出血を止める作用、ウオノメやタコをなおす作用があると記されています。
おそらく、ちょっと体調に異変があると、すぐにヤナギの樹皮を煎じて飲む「漢方薬」のような使い方が日常的に行われていたと想像されます。
しかし、やがて、籠(かご)を作るためにヤナギの木が必要とされるようになり、ヤナギを摘むことが罰せられるようになったため、この自然の特効薬は忘れられて行きました。

時は近代に移り、1897年8月、ある薬事会社の一人の化学者によって開発されたアスピリンは、その後瞬く間に全世界に広がりました。
今では、解熱鎮痛薬の代名詞として使用されるほど多くの人に愛用されています。
おそらく世界でいちばん知名度の高い薬と言えるでしょう。

この薬剤は、医薬品事業にとって、鎮痛薬として、その礎とも呼べる存在です。
鎮痛剤の歴史としては19世紀にはヤナギの木からサリチル酸が分離されました。
その後、アセチルサリチル酸の出現まではサリチル酸が解熱鎮痛薬として用いられたが、強い胃腸障害があったため、1897年、バイエル社のフェリックス・ホフマンによりサリチル酸がアセチル化され副作用の少ないアセチルサリチル酸が合成されました。
アスピリンは、関節炎、痛風、腎結石、尿路結石、片頭痛、さらに、小規模から中規模な手術後や、外傷、生理痛、歯痛、腰痛、筋肉痛、神経痛などの鎮痛目的で使用されています。

鎮痛剤・痛み止め・片頭痛・偏頭痛 NAVI新着情報