ボルタレンは鎮痛薬の一種です

鎮痛剤・痛み止め・片頭痛・偏頭痛 NAVI

ボルタレンは鎮痛薬の一種です

ボルタレンは鎮痛剤の一種です。
効果は大雑把に言うと、炎症や痛み、発熱の原因とされるプロスタグランジンという生体内の物質ができる量を減らすことにより、炎症や腫れ、筋肉や関節の痛みを軽くし、発熱がある場合は熱を下げます。
通常、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、手術後・抜歯後などの鎮痛・消炎や急性上気道炎の鎮痛、解熱に使用されます。
他に鎮痛剤として一般的なものに「ロキソニン」や「イブプロフェン」があります。
これらの薬剤との違いはボルタレンは処方される鎮痛薬の中ではもっとも強いというのが一般的な解釈です。

「使用上の注意」・・・
以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
消化性潰瘍、血液の異常、肝障害、腎障害、高血圧症、心機能不全、アスピリン喘息またはその既往歴、気管支喘息、インフルエンザ、水痘(みずぼうそう)がある。
妊娠している、または妊娠している可能性がある、授乳中他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
などの方は注意が必要です。

主な副作用として、胃部不快感、食欲不振、吐き気、嘔吐、胃痛、腹痛、下痢、口内炎、浮腫、発疹などが報告されています。
このような症状に気づいたら、医師または薬剤師に相談してください。
薬というものは個人差があります。
体重やアレルギーなどの体質、持病の有無などによって使用を考えましょう。
ボルタレンは医師の処方箋が必要なので、医師に処方箋を書いてもらう時には過去に薬を飲んだ時の経験談や持病を事細かに伝えるのが良いでしょう。

この薬剤は、一般的な副作用として、胃を荒らす作用があると言われていますので、普通は胃薬と一緒に出されることが多いと言えます。
しかし、ボルタレンのみの処方となった場合、飲んでいて吐き気や胃痛など、異変が起こったらすぐにドクターに報告して、対策を考えてもらう必要があります。

鎮痛剤・痛み止め・片頭痛・偏頭痛 NAVI新着情報